MIZUNO MAXIMIZER 16

 さすがに、10年は経過しているであろうと思われるシューズでは底が剥がれても仕方がないでしょう。ランニングシューズと呼べるものはその一足しかなかったので、新たに購入することにしたのですが、どのブランドのどういったシューズを買えばいいのか分からない状態でした。

 いろいろ調べた結果、スポーツ用品メーカーのミズノ製なら間違いないと考え、手ごろな価格の『ミズノ マキシマイザー 16』と言うシューズを見つけて、
25.5cmサイズを購入しました。当時サイズだけを考えて、足幅は考慮していませんでした。と言うよりも足幅は認識していなかったと言った方が正しいでしょう。

 変な締め付けもなく、とても走りやすかったと記憶しています。今考えたら有り得ないですが、普段もジョギングする時も常にこのシューズをずっと履いていました。それくらいメーカー製のシューズは履き心地が良かったのです。

 私がシューズを選ぶ時に重視していたのが、靴底の耐久性です。特に踵の外側の材質を調べ、サイトのレヴューを参考にして、選んだ一足でした。普段歩く時に、踵の外側がよく減っていたからと言うのが理由で、当時のシューズ選びの基準は普段履きの延長でした。

 とにかくただ、走り続けて4ヵ月が過ぎた頃、予想通り踵の外側が摩耗してきたので、新たに買い換えるか、修繕して履こうか考えだしました。そこそこ走れるようになってきたから、ちょっと速そうなシューズはないか、そんな曖昧な基準で次のシューズ選びを始めたのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする