タイムはお金で買えるのか?

画像:NIKE

 2019年3月4日、ナイキから日本31足限定で『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント』と言うシューズが発売されました。日本での販売数が31足なのも驚きですが、その販売価格81,000円(税込)にはもっと驚かされました。

 レース用のシューズが1万円前後で買えていた時のに、今話題のシューズは2万~3万円程の金額です。高いシューズを履いたら、速く成れるものではないでしょうが、履ける物なら履いてみたい気持ちはあります。走ることは比較的ローコストで始められるスポーツですが、それなりのレベルを目指そうと考えたら、やはり投資も必要になるものかもしれません。

 如何にローコストで記録向上及び、怪我しない為のセルフメンテナンスを考える。これも又楽しみの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする