ランニング動作の勘違いが怪我に繋がる

 走る動作は、自分の身体を前に運ぶ行為です。人が直立した状態では、重心位置からの力の方向は真下を向いていますから、身体はその位置に留まり続けます。前に運ぶには重心を前に持っていき、不安定にしてやる必要があります。

 その一つとして、直立した状態から身体を前に傾ける動作があります。上体だけを前に傾けるのではなくて、一本の棒のように身体全体を同時に傾けます。

 そのまま傾け続けると、前に倒れてしまうので、それを防ぐ為にどちらかの脚がつっかえ棒のように前に出ます。その脚が身体の重心よりも後ろに移動すると、今度は反対側の脚が身体が倒れてしまうのを止める為に前に出ます。その繰り返しで、身体は前に移動して行きます。

 走り始めた頃にいろいろ調べて、この様な記述にたどり着きました。よく理解せずに自分なりの解釈で、その動作を真似してみました。

 この一連の動作の中に、私の勘違いが2つありました。一つ目は、脚を前に出す動作の間違った解釈です。身体を傾けると重心は身体よりも前に移動しますが、脚を出す動作に意識が向きすぎて、自分の重心よりも前に脚を出していました。これでは脚が地面に突っ張って、ブレーキを掛けているのと同じです。

 もう一つの間違った解釈が、足裏が地面に接地する瞬間です。接地で『踏み込む』と言う表現を耳にしたのですが、『踏み込む』とは強く地面を叩いて地面の反発を貰うのだと考え、思いっきり足裏で地面を叩いてみました。パンパンパンとなんだか速そうな音が鳴り、そのまま走り続けました。数キロ走ったところで、右足首に違和感が出始めました。それが怪我の前兆とは知る由もなく、しばらくして痛みに変わっていきました。これはヤバいと感じた時には時すでに遅く、足首は腫れ上がり走るどころか歩く事もままならない状態になっていました。

 この経験から陸上用語の解釈は素人には中々難しく、安易に真似しただけでは怪我に繋がったり、間違った方向に行ってしまうものだと痛感しました。

 では今現在、どのような動作で取り組んでいるのかと簡単に申しますと、脚は前に出すのではなくて真下に下ろすイメージ、そして地面を叩くのではなくて、脚をやさしく置きに行って体重を乗せるイメージです。これが正しいのか、間違っているのか、身体の疲労具合とタイムが証明してくれるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする