生駒ボルダー通行止め解除

 4月28日(日)。私のゴールデンウィーク初日です。現在、ランニングの土台作りの真っ最中です。具体的な事は改めて書きたいと思います。

 大阪と奈良に跨がる生駒山地を縦断する管理道路を通称『生駒ボルダー』と呼んでいます。足腰の鍛練の為、程よい起伏のあるこのコースをシーズンオフによく走っていましたが、去年6月の大雨で土砂崩れが起こり、通行止めになってしまった箇所がありました。

 このコースは、信貴生駒スカイラインの途中にある『生駒山麓公園』駐車場入口向かい側の『灯籠ゲート』から南下した『みずのみ園地』ゲート迄の14.5kmの区間を差します。

 バスで行かれる方は、近鉄生駒駅から『生駒山麓公園ふれあいセンター行』に乗れば100円で行けるそうです。ただし1時間に一本しかないみたいですから、気を付けてください。『ふれあいセンター』のロッカーに荷物を預けて信貴生駒スカイラインへ戻れば、『灯籠ゲート』に行けます。

 コースの途中に北からあじさい園そしてツツジの広場があるのですが、ツツジ園とみずのみ園地の間の区間ツツジの広場を少し通り過ぎた所で土砂崩れが起こり、完全に道が塞がれてしまってしまいました。去年、丁度土砂崩れの直後にその箇所を通りかかったのですが、土砂の上を乗り越えて行かなければなりませんでした。その直後に封鎖されたようです。今思うと相当危険だったと反省しています。

 『灯籠ゲート』から南下して途中で折り返すルートを通る方が多いので、そのルートならツツジの広場を過ぎた通行止めの箇所で引き返せば、往復18~19kmは走れます。私は地理的に近いのと駐車場が無料と言う理由で、『みずのみ園地』側からスタートして『灯籠ゲート』で折り返すコースを選択していました。

 管理道路と平行するように『生駒縦走歩道』が南北に通っています。一部管理道路と合流したり、交差する箇所があります。通行止め箇所の手前で『生駒縦走歩道』に迂回するルートを通ったりしていましたが、この歩道は登山道と言うかハイキング道なので、いまいち走りのリズムが合いません。時間も懸かってしまうので、途中で引き返すといった具合でした。

駐車場

 通行止めが解除になったとの事で、この日に走る事にしました。5時に起床してメロンパンを食べました。6時に家を出て、6時40分に『みずのみ園地』ゲート手前、水呑地蔵尊の駐車場に到着しました。

 今日は季節外れの寒さで気温は6℃、上にドライレイヤーと長袖、その上にジャケットを着ました。下は短パンで行けるくらいでした。

 いつものストレッチを10分程行い、駐車場からスタート。八尾十三峠線の急坂を600m程登って『みずのみ園地』ゲートへ向かいます。この区間は無理せずに、ウォーミングアップのつもりでゆっくりと登ります。

 実は、先週火曜日に90分走で18kmを走った翌日の水曜日に、お尻に少し張りがあったので走るのを控えました。何もしないのも良くないと思い、ランジスクワットを左右15回ずつ計2セット行いました。最初3回するつもりのところを2回に抑えたのに、木曜日に両方の内転筋と大臀筋が酷い筋肉痛になってしまいました。歳のせいなのか、鍛え方が足らないのか、よくわかりません。

 そのような感じで、間3日開けて土曜日に7kmだけ走ったので、少し不安ではありますが、様子を見ながら歩を進めました。

  『みずのみ園地』ゲート から4km程進んだ所が、土砂崩れの起こった場所です。見事に綺麗に修復されていました。この場所のすぐ先がツツジの広場です。

  わずかに咲いているだけで、まだこれからと言った感じでした。

生駒ボルダーは真っ直ぐ、左の細い道が308号線
写真では分かりにくいですが、激坂です

 ツツジの広場を通り抜け、なるかわ園地休憩所を過ぎると、暗峠へ至る国道308号線との交差地点に出ます。交差を抜けて、しばらく進むと『ぬかた園地』の入口です。このゲートを過ぎ少し進んだ所に距離は短いのですが、急勾配の坂が待ち受けています。歩かないのが精一杯の坂を頑張って登ります。

 激坂をクリアして、更に先に進むと、『あじさい園』に到着です。『あじさい園』は『あじさい祭り』の開催時期は走行禁止になるので、気を付けてください。

当たり前ですが、咲いていません

 『あじさい園』を過ぎると、このコースの最高到達点に到達します。ここから先は『灯籠ゲート』までの4kmを、ひたすら下ります。4km下るので、折り返した帰りは4kmひたすら登る事になります。

最高到達点

 4km下れば、終点の『灯籠ゲート』です。

 いつもはここで折り返しますが、今日は『生駒山麓公園』内にある『ふれあいセンター』まで足を延ばしました。

 後は来た道を戻るだけです。戻る途中、まだ桜が咲いていました。

 やっと元の場所に戻って来ました。ゆっくりなペースでしたが、程よいトレーニングになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする