家族と久しぶりのキャンプ

 ランネタではないのですが、約12年ぶりに家族とキャンプに行きました。キャンプ場は奈良県野迫川村にある『アドベンチャーランド』と言うオートキャンプ場です。

 私の子供(と言ってももう大人です)が、焚き火の動画を撮りたいと言い出し、4月の後半、連休間近でしたが空いているキャンプ場を探して、距離的にも場所も丁度いい所でしたので、急遽予約しました。

 しかし、もう家族でキャンプはしないと考えていましたから、キャンプ道具一式オークションサイトで売却してしまっていました。

 唯一、折り畳み式のテーブルは残して置いたので、小型のタープと小型のバーベキューコンロだけ買い直しました。テントは登山用の2人仕様の物があるので、それを使いました。私一人テントに寝て、妻と子供は車で寝る事にしました。

 炭と薪を調達し、肉を買って、小さなパイプ椅子が2つあったので、それを車に積みました。後、ビールも忘れずに持って行きました。

 キャンプ場には自宅から3時間程で到着しましたが、雨が降り続いた状態でした。途中、道幅がかなり狭い箇所があるので、慎重に進みました。

 キャンプ場に到着し、受付を済まして、指定されたサイトへ向かいます。サイトもキャンプ場全体も広々としていてなかなかいい感じです。サイトには水道が付いているので助かります。広々としているので、トイレまで少し距離がありますが、仕方がありません。

 お湯を沸かし、ミルクティーを飲んでから、バーベキューの準備に取りかかります。家にガストーチバーナーがあったのに見つからず、火起こしに今回は新聞紙を使う事にしました。しかし、雨のせいかなかなか炭に火が着かず焦っていたら、荷物の中から古い着火材が出てきて、それを使う事にしました。ライターで焙ったのですが、一向に火が付く気配はなく、古すぎるからダメだと分かりました。最後の手段で、携帯コンロに炭をかざして焙ったら、何とか火起こしに成功しました。家に帰ったら、バーナーをもう一度探して見ます。

 15時に到着しましたが、雨は止まず、雨の中とりあえずタープを張り、テーブルを広げました。雨で気温は低めでしたが、耐えられる範囲でした。

 すったもんだで炭に火が着いて、久しぶりのバーベキューを楽しんだ後、20年ぶりくらいの焚き火を行いました。その頃には雨も上がり、炭とは一味違う趣のある炎を堪能出来ました。目的の動画も上手く撮れたようなので、良かったです。


 雨が上がったので、テントも張ります。このテントを張るのも、奥穂高岳からの縦走で宿泊した西穂山荘以来4年ぶりです。傷みもなく、問題なく張れました。

 昔は月に一度のペースで行っていたキャンプですが、もう二度とする事はないと思っていたので、思いがけず体験出来て感無量です。

 次の日、11時にチェックアウトして家路につきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする